FC2ブログ

リラクゼーションサロン リュイール

リラクゼーションサロンリュイールが考えるカラダのこと。真の美とは。。健康とは。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンチエイジング・・・

女性なら、誰でも興味ある言葉です。。。

今日は、おもしろい記事を見つけたので、少しご紹介がてら。





~~日本経済新聞nikkei プラス1~何でもランキング~より抜粋~~

若く見える条件は?

1位  肌に張りがある

2位  フットワークがいい

3位  新しいことに挑戦できる

4位  表情が生き生きしている

5位  好奇心が旺盛
6位  話し声や笑い声が元気
7位  目標や夢がある
8位  歩き方が軽やか
9位  体型がスリム
        ・
        ・
        ・

                   ◎20代から50代以上の男女が対象

家族や友人・知人、町で見かけた通りすがりの人に、思わず”若い!”と感心させられることがある。
人は相手のどんな点を見て、若さを感じるのだろうか。
その判断基準を聞いたところ、「肌に張りがある」が1位だった。
この項目は女性の関心が高く、特に30代女性は2人に1人が選んだ。
「話をするとき、相手の顔のシワよりも肌のつややかさについ目がいってしまう」と33歳女性。
肌の張りを保つには、日々のスキンケアが必要だが、それがすべてではない。
バランスの取れた食事や十分な睡眠など、健康に暮らすため当たり前のことをきっちり続けることこそ大切。
2位は「フットワークがいい」が入った。
「人は見た目が9割」をいわれる昨今だが、行動力も若さを示す重要なカギだ。
3位は「新しいことに挑戦できる」。
これは行動力とともに、前向きな気持ちを表す要素でもある。
上位の項目をみると、人が若さを判断する条件は外見、内面、行動の3つに大別できる。
「誰もが老いをさけることはできない。
だがその表れ方には個人差があり、日々の心がけが大きくものをいいます」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



と、ありました!

われわれも、アンチエイジングに向かって、外見、内面、行動の3つを磨いていかねば!!

と考えさせられました。。


ちなみに、若く見える著名人で連想するのは?・・・のトップは

森光子さんだとか・・・ウーン。。?



                           リラクゼーションサロン リュイール
スポンサーサイト
mainspace-blog.jpg


身体の歪み・体調不良・肩こり・腰痛・むくみ。。。

何が原因?
どうしたら解消できる?

リュイールでは、まずお身体を温めることを第一に考えています。
そこから筋肉を緩ませ、骨格・内臓を元の正しい位置に整えます。
結果、ボディラインも細くしなかやに変化!!
真の健康=活力と生きる喜びを実感できる状態を味わって下さい。
おひとりおひとりが輝くお手伝いをする、
リラクゼーションサロンリュイールへようこそ。
昨日今日と、本当に寒いですね。。
普段から冷え性の方はもちろん、そんなに自覚がない方にもさすがに堪える寒さ。

そもそも、冷えって何がそんなに悪いんでしょう?

人間の身体が健康体といえる免疫力を発揮できる体温は、36.5度。
体温が1度下がると免疫力は30%落ちるといわれています。
例えば、風邪をひきやすいとか、風邪の治りが遅い方は冷えている証拠です。

コリも冷えと密接な関係があります。
水もすごく冷やすと氷に。
すべての物質が冷やすと硬くなります。
これは揺ぎ無い、万物の法則!
コっているところって、「ぼてっ」として硬くなっていますよね。
つまり、コっている=冷えているということです。
最近体重は増えてないのに、太ってきた感じがする。。。
そんな方もこの「ぼてっ」に原因があるかもしれません。
冷えている⇒コッている⇒筋肉がねじれているという現象がおきていると考えられます。
筋肉がねじれると太く短くなります。
筋肉が太く短くなるということは、骨をひっぱり⇒ゆがみが生じます。
そして、ボディラインも変わってきます。
恐ろしい。。「太く硬く」のスパイラル。。。。

リュイールでは、体の冷えをとり、筋肉のねじれを改善させる施術をしていきます。

まずは少しでも湯船につかって、カラダと心を温めましょう~。
半身浴で30分。。と気合を入れすぎて三日坊主になるよりも、
まずは短くてもお風呂につかることです☆

luireluire

Author:luireluire
FC2ブログへようこそ!

AmazonStore


この人とブロともになる

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。